今週のプロ野菜ニュース

今週おすすめの「くだもの」と「やさい」の産地や品種、おいしい理由、豆知識など、お役立ち情報が満載!

第15号 6月24日(月) 〜 6月30日(日)

発行日  2024年06月20日

発行元 コープデリ連合会

※コープながのは対象外です

今週のおすすめ1番「 くだもの」

すいか(分類:ウリ科スイカ属)

すいか(分類:ウリ科スイカ属)

「すいか」のココがおすすめ

コープの産直、鳥取県JA鳥取中央の大栄すいかが最盛期を迎えました。鳥取県大山(だいせん)山麓の豊かな黒ボク土壌で育ち「シャキっとした食感と甘さ」が自慢です。最新鋭の選果機を導入し光センサーにより厳選されたすいかです。すいか栽培開始から100年以上の歴史があり、全国屈指のすいか名産地である、JA鳥取中央大栄支所からおいしいすいかをお届け!

しま模様の黒い部分に種がある?

しま模様と種の位置には因果関係はありません。種はすいかの断面上6ヶ所くらいにかたまっています。しま模様は14~17本くらいありますので、緑の部分に種がないことも、黒い部分にも種がないこともあります。近年、種なしや種が少ないすいかが出回っています。これは日本で開発されたすいかです。栽培がむずかしく手間がかかるため、まだ希少のすいかですが年々栽培量は増えています。

今週のおすすめ1番「 やさい」

香味野菜(根しょうが・みょうが・大葉・小ねぎなど)

香味野菜(根しょうが・みょうが・大葉・小ねぎなど)

「香味野菜」ココがおすすめ

初夏を迎えるこの季節、さっぱり料理に欠かせないのが、薬味です。そうめんや冷奴などの冷たい料理にも、天ぷらなどあたたかい料理にも、香味野菜が味のアクセントになり、料理をより美味しくしてくれます。夏の料理に欠かせない薬味、香味野菜をぜひお召し上がりください。

「みょうが」の豆知識

みょうがは、「地下茎」から出る花穂を食すため「花みょうが」とも言われています。6月~8月がみょうがの旬です。色ツヤが良く、ずんぐりとした丸みがあり身がしまっているものを選びましょう。

「生姜」の豆知識

生姜は、根しょうが(ひねしょうが)と、新しょうがに分けられます。ひねしょうがは、前年に種生姜として植え付けた根塊の部分を貯蔵し随時出荷されるもので、繊維質で辛味が強くなります。新しょうがはその上に新しくできた根の部分です。

「大葉」の豆知識

7月~10月が旬の「大葉」。「しそ」とも呼ばれますが、本来は、「紫蘇」と表記する事からも分かるように、「赤じそ」の事を「しそ」と呼びます。その変種が「青じそ」で、「大葉」と呼ばれます。鮮やかな緑色で、色むらがなく、変色していないものを選びましょう。

「薬味」のおはなし

薬味は料理の名脇役

薬味を加えることで香りや辛味、酸味などのアクセントが付いて、料理全体の味を引き締め、見た目の面でも彩り良く華やかにしてくれます。単調な味になりがちな料理も、薬味があると飽きずに食べられるので、暑さで食欲が落ちやすい夏の時期は特に大活躍します。また、薬味には魚や肉の臭みを取る作用があるので、お刺身や肉料理にはわさびや生姜、にんにく等が添えられることが多くあります。少量でも色々な役割を果たしている薬味は料理には欠かせない存在ですね。


産直 コープの里とは

生産者・コープ・組合員がつながり、安全性が確保され、おいしさと環境配慮を兼ね備えた、生い立ちがはっきりわかる農畜水産物をお届けする取り組みです。 「産直 コープの里」の商品を、コープデリのお店でぜひお買い求めください。

コープの産直について
  • Facebookシェアボタン
  • ラインで送る

コープデリのお店とは

- about -

“おいしさと安心を、うれしい価格で。”を
基本方針とした、
5つの生協が展開しているコープのお店です。

詳しくはこちら
お近くの
お店を探す