今週のプロ野菜ニュース

今週おすすめの「くだもの」と「やさい」の産地や品種、おいしい理由、豆知識など、お役立ち情報が満載!

第28号 9月26日(月) 〜 10月 2日(日)

発行日  2022年09月22日

発行元 コープデリ連合会

※コープながのは対象外です

今週のおすすめ1番「 くだもの」

ぶどう(分類:ブドウ科ブドウ属)

 

ぶどう(分類:ブドウ科ブドウ属)

「ぶどう」のココがおすすめ

秋の味覚の代表「ぶどう」が最盛期を迎えています。その中でもおすすめは、ぶどうの王様ともいわれている「巨峰」です。巨峰には「種あり」と「種なし」があります。「種あり」はよりコクがある食味が特徴、「種なし」は種を気にせず食べられるので近年主流になってきました。「シャインマスカット」は種なしでしかも皮ごと食べられるという手軽さから近年人気が急上昇し、生産量も年々増えている品種です。

シャインマスカットの色づきについて

シャインマスカットは熟していくと果皮の色が緑色から黄色に変わります。
緑色のものは果皮に張りがあり、パリッとした食感とさわやかな甘みをお楽しみいただけます。黄色がかってきたものは熟度が進んで香りも豊かになり、より強い甘味を感じられます。お好みの熟度のものをお選び下さい。

今週のおすすめ1番「 やさい」

じゃがいも(分類:ナス科ナス属)/たまねぎ(分類:ユリ科ネギ属)/にんじん(分類:セリ科ニンジン属)

じゃがいも(分類:ナス科ナス属) たまねぎ(分類:ユリ科ネギ属)
にんじん(分類:セリ科ニンジン属)

「じゃがいも」「たまねぎ」「にんじん」ココがおすすめ

広大な北の大地北海道の産直産地より、「じゃがいも」「たまねぎ」「にんじん」が到着しました。徹底した栽培管理と選別により品質が安定したものができあがりました。

コープの産直産地「JAようてい」

北海道JAようていは札幌から車で南西に約1時間半、羊蹄山のふもとに位置します。羊蹄山の噴火で堆積した火山灰土と、昼夜の寒暖差の大きい気候が質の良い農産物を育てます。その中でもじゃがいも「男爵」の生産量は日本一、また「人参」の選果施設は日本最大の選果能力をもっています。

コープの産直産地「JAふらの」

国産たまねぎの60%を生産する北海道の中で、二番目の生産量で、元々は水田から転作で栽培されていましたが、現在ではたまねぎがJAふらのの主要作物になっています。JAふらの産のたまねぎは日持ちが良いのが特徴で、生では辛味が強いですが、熱を加えると甘味や旨味に変わります。8月上旬から9月にかけて収穫し、CA貯蔵庫の中でたまねぎを「休眠」状態にすることで発芽や発根をおさえ、ほぼ1年間安定的に全国へ出荷しています。

★「じゃがいも」のおはなし

●じゃがいもの歴史

じゃがいもは、ナス科ナス属の植物で、原産はアンデスの高地といわれています。16世紀にヨーロッパに伝わり、それ以来世界各地で親しまれるようになりました。今では、様々な品種が開発され、じゃがいもがメインの料理も世界各地で作られるようになりました。

●産地と生産量ランキング(2021年度)

1位はもちろん北海道。全体の約78%もの生産量を誇っています。北海道では、春に植え、秋口に収穫されます。2位:鹿児島県、3位:長崎県、4位:茨城県と続きます。秋は、北海道産が新物として出回る季節です。


●じゃがいもの品種と特徴

「男爵」・・果肉は白っぽく粉質で、加熱するとほくほくした食感が楽しめます。粉質なので、じゃがバターや、フライドポテトがおすすめ。
「メークイン」・・果肉は少し黄色っぽい白色で、男爵より粘質でなめらかでほんのり甘みがあります。煮崩れしにくい品種で、じっくり煮込むグラタンなどがおすすめです。
「とうや」・・果肉は黄色っぽく、デンプン価が少なめの為、加熱してもホクホクした感じにはならず、滑らかな舌触りになります。煮崩れしにくいので、煮物や炒め物に向いています。
ぶどうのイラスト

産直 コープの里とは

生産者・コープ・組合員がつながり、安全性が確保され、おいしさと環境配慮を兼ね備えた、生い立ちがはっきりわかる農畜水産物をお届けする取り組みです。 「産直 コープの里」の商品を、コープデリのお店でぜひお買い求めください。

コープの産直について
  • Facebookシェアボタン
  • ラインで送る

コープデリのお店とは

- about -

“おいしさと安心を、うれしい価格で。”を
基本方針とした、
5つの生協が展開しているコープのお店です。

詳しくはこちら
お近くの
お店を探す